リビング階段にした結果、暖房も効きにくく冬は寒く後悔しています

リビング階段にしたきっかけは、子ども部屋を2階に作った為、学校から帰ってきて部屋に行く時にリビングを通らなければいけない為、帰ってきた事が分かるのと子供の顔を見れるからです。

玄関先に階段を作ると直接部屋に行く可能性があるので帰ってきた事が分からない事もあると思ったからです。

その時は冬場の事まで考えておらず、実際に暮らし始めて初の冬を迎えた時に気付きました。

その時は子供の生活についてを優先に考えていたので一度リビングを通ってから部屋に行く動線を作りたいという考えが先走ってしまい、リビング階段にするメリット、デメリットをよく考えたりせず下調べをしっかり行わなかった事がそもそもの失敗でした。

現在は対策として、リビングの照明をシーリングファン付きのものに交換し、階段周りにはロールスクリーンを取り付けて冬場はロールスクリーンを下げて少しでも暖かい空気が上に逃げていかないように対策しています。

対策するまでは冬場の電気代が掛かりましたが、対策後は対策前に比べて電気代も下がりましたがまだまだ高いと感じています。

ロールスクリーンでも若干の隙間はあるのでそこから暖かい空気が抜けていってしまってるのだと思います。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>川越市 注文住宅