窓が多くて年末の大掃除が大変。防犯面でも心配で、困っています。

日当たりのよい角地を選んだが、リビングを奥にしてしまった結果、光が入りにくいという理由で、建築士の方がたくさん窓をつけてくれた。

大小さまざまな窓をつけた結果、年末年始の大掃除の際に大きい窓が何個もついているおかげで掃除が大変。

となりの家との境目になる窓も大きくて防犯上も危ないので心配。

人が簡単に入ってこれそうなくらいの大きい窓はたくさんつけるべきではないと思った。

リフォームしても窓の大きさまでは変えられないので、外側に侵入防止の柵をつける事も考えたが、予算や時間を考えると無理があり、できなかった。

2階の窓も大きくて、主人がカギを忘れてでかけた時に夜中に2階の窓から入って帰宅した事もあった。

主人が入れるということは泥棒も簡単に入れるのではないかと不安に感じた。

窓掃除は子供が小さいうちは大変で、なかなか集中してできないので、予測して窓を少なくすればよかった。

ほかにも自転車置き場を考えてなかったのでスペースが足りなった事や、階段をリビング階段にしたので冬場は暖房が効かないし、夏場はクーラーが効かないので困っている。

実際に住んでみないとわからない不便さというのはあるので、家を建てる時は色々な場面を想像して、考えた方が良いと思う。

これから家を建てる人には自分の生活リズムや行動範囲を考えた上で家の構造を考えてほしい。

詳しく調べたい方はこちら>>>>>神奈川区 注文住宅